南平台歯科クリニック Blog

歯茎が下がったところを元に戻す治療:こんな場合

最近、歯茎が下がったのが気になるとご相談を受けることが多くなってきました。

例えば先日、せっかくセラミックスなど高額な歯を被せたのに、数年したらそこの歯茎が下がってしまい、歯の根元が出て笑えないので悩んでいるとのご相談を受けました。

審美的な治療で美しい歯を手に入れたのに、根が見えている状態では、思い切ってお口を開けて笑うのをためらってしまうのも無理はありません。

このような場合は、歯周病専門医の出番です。

状況によっては限界もありますが、歯周形成外科手術により歯茎の移植を行うことで元の状態に近づけること、あるいは元に戻すことが可能です。そうすることで、せっかく入れたセラミックスの歯を壊して取らずに下がった歯茎を改善することが可能です。

セラミックスの歯を壊して再度治療するような場合は、歯茎が下がった分をセラミックスで覆うことになるので、治療前よりも歯が長くなってしまい、審美的な改善にはつながらないことも多いです。

当院では、歯周病専門による歯周形成外科手術を積極的に行っております。

南平台町の歯医者・歯科【南平台歯科クリニック】土曜診療-朝8時から


日付:   カテゴリ:医院ブログ

診療時間
08:00 - 11:00 × × ×
12:00 - 15:30 × × ×
16:00 - 16:30 × × ×

03-6416-5199

アクセス

ご予約

東京都渋谷区南平台町15番13号 帝都渋谷ビル1階
渋谷区南平台の歯医者 【南平台歯科クリニック】
渋谷駅西口より徒歩9分、神泉駅南口より徒歩6分

大きい地図で見る